ROOM ADVISER

営業

畠中 雄士 YUSHI HATAKENAKA

賃貸事業部 日本橋店
主任・ユニットリーダー

仕事は、人間として成長するためにやりたい

2度の転職を経て、フォーラス&カンパニーにやってきました。最初に就職した会社では工場勤務で、人とふれあう仕事がしたくなり飲食業界へ転職。そこで接客のおもしろさを知り、また別の業界でさらにそのスキルを磨こうと思い、不動産業界を選びました。現在私は、賃貸の営業を行っています。いろいろなお客様が来店されるので、その数やご相談の幅の分だけ一件一件自分が成長できると感じます。力不足で悩むこともありますが、そこに向き合うことでまた新たに自分の課題をクリアしていくことができる。


仕事を通じて、営業力はもちろん何より人として成長していきたいと考えていた私にとっては絶好のチャンスだと思っています。

知識もない中、不動産という業界に足を踏み入れることに不安がなかったわけではありません。でも、ゼロからのスタートだからこそ、動きながらいろいろなことを覚えていこうという気持ちになれました。
しかもフォーラス&カンパニーは、私のように未経験での転職者が大半なので相談もしやすく、「みんな同じ条件でスタートしているのだから自分も負けられない!」と周りを見て奮起できるのがいいですね。アットホームさの中にもメリハリがあって、新入りでものびのびやれる環境だと思います。


全力疾走な自分の姿が、同世代の刺激になったら嬉しい

フォーラス&カンパニーへ転職して、3年が経ちました。まだ3年というよりか、もう3年です。仲介業界の流れを一通り経験したわけですから、次はここからどうやって上にあがっていくかが課題です。新鮮さを失うと仕事もマンネリ化しがちなので、賃貸で不動産の基礎をしっかり身につけて、そこで見えるようになったものをどう幅広く今後の仕事に活かしていくかを探っていきたいと思います。

そのためにも、「今の自分」の身の丈を知り、足りないものを補うには何をすべきか、何ができるかを考え、それをコツコツ積み重ねることが大切です。賃貸営業を始めて、自分にはすごいトーク力があるわけではないとわかったので、うまく伝えられない代わりに情報力でカバーできるよう、物件や周辺環境の情報収集に力を入れてきました。仕事ですからしんどいことも当然ありますが、それをいかに楽しいものに変えていけるかで成長度合いも決まると思います。

まずは興味を持つこと。そして、入居した後の生活までお客様と同じ目線で考えること。頭でわかっていても実行するのは難しいもので…。基本、毎日全力です(笑)。こんな自分の姿が、これから不動産に挑戦する同世代の方の刺激になったら嬉しいですね。


  • 自分のスタイルで勝負したい!
  • 人を育てるということ
  • 子育てしながらの働きやすさ
  • まっさらな気持ちでチャレンジ